■レーシック情報:レーシックでの視力回復について

レーシックの手術で、視力がどの程度まで回復をするのか、ということはレーシックの手術を受ける方たちにとっては大変重要なことだと思います。
なので実際に手術をしてくれる担当医の先生からの注意事項等はしっかりと聞くようにしましょう。 レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。
レーシックの手術を受けている人で、大抵裸眼での視力が1.0よりも低い人であり約30%も占めています。
メガネもコンタクトレンズも必要とすることなく快適な暮らしを実現することが出来ているのです。

 

レーシックというのは、最近の技術向上によってどんどんと安全性が保証されてきています。
視力矯正手術は、角膜を直接治療することとなるので、なかなか手術をする勇気が出てこないこともありますが、その安全性は現在におきましてはほぼ確立しているのです。

婚約指輪、今すぐ
http://ddmoon.jp/
婚約指輪はこちら



■レーシック情報:レーシックでの視力回復についてブログ:13-7-18

我が家には、ネコが居ます。

離婚をして、むすめと男の子と3人で暮らし始めて
ボクが仕事で遅くなることもしばしばあったので
まだ、小学校の低学年だった男の子が、
少しでも寂しくないように…と、
飼い始めたのがきっかけでした。

このネコが、いつもすごいな…と
感心してしまうのです。

子供達も大きくなり、
13時間は人が居ない日々の我が家。
ボクも、もちろん仕事で出ています。

ご飯をあげてから出かけますし、
カリカリのエサも置いては行くのですが、
それでも、ネコは主人達の帰りが遅いと
何時間もの間、空腹に耐えて過ごさないといけない訳です。

主にご飯をあげるのは、ボクの役目なので
ボクの帰りを待っていることが多いのです。

仕事が遅番の日は、
帰宅が夜更けの1時近くになることもあります。
そんな時でも、しっかりと待ってくれています。

ボクの足音が聞こえると…
「ニャ〜!ニャ〜!」
声も枯れんばかりに、鳴いています。

ようやくエサをもらえると、がつがつと食べます。
食べ終わると寄ってきて、ごろごろごろとノドを鳴らして
「ありがとう」と言わんばかりに、
嬉しそうに擦り寄ってきます。

ボクだったら、
お腹を空かして
日々、まだかな〜って待たなきゃいけないって、
堪えられない!

そうして、帰ってきてくれても、きっと
「もう!遅い!なんで、もっと早く帰って来ないのよ!」とか…
きっと言ってしまうに違いない。

ご飯をもらっても、
ありがとうも言えないかもしれないし
ふてくされて、無言で眠ってしまうかもしれない…

ネコって、それをしないんですよね。

「一生懸命待ってたよ!お帰り!嬉しい!
ご飯くれて、ありがとう!」ってだけの表現を
素直にすることが出来るネコって
ボクはすごいなぁ〜と思うのです。