■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの


■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。 「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。
他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。

レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。




■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:02-8-18

一週間前、友人とバリ島に行ってきました。

エスニック料理大好きなオレと友人は、
もちろん9時からバリの味を楽しもうと、
9時の7時にはホテルのバイキングにまっしぐら!

数種類のパンが並んでいるけど、
やっぱりまずはナシゴレン(タイ風チャーハン)、
ミーゴレン(タイ風焼きそば)。
牛肉と野菜の煮物で1皿目。

野菜たっぷりのオムレツは
ピリッと辛いチリソースをかけて…

生野菜はピーラーで切ったような薄さで、キュウリも大きいですね。
そしてフルーツは
大好きなスイカ、メロン、マンゴー、パイナップルに
イチゴ味のヨーグルトをかけて…

果物は、パイナップルジャムをつけたパンケーキと
マカデミアナッツ入りのフルーツケーキ。
オレンジジュースとジャワティーを飲んで…

ちょっと食べすぎかな?

でもこれから1日思う存分楽しむには
エネルギー補給が大事ですもんね!
それにビタミンCたっぷりだから、許して下さい…

ところで、
実際にバリの人は何を食べているのかというと…

一般の家庭では、
9時に主婦が料理をして、
それをお昼と夕方に分けて食べるんだそうです。

9時は軽くチョットとつまむだけ、
またはバリコーヒーやジャワティーを飲んで、
簡単なおやつを食べるだけのようです。

おやつはモチ米やバナナ、イモ類などを使ったもので、
結構腹にたまるとのこと。

家では9時作った料理を、
それぞれが腹がすいた時間に食べるのが習慣だそうです。
だからお昼もよるも同じ料理を食べているんですね。

国によって、食習慣はこんなにも違うもんなんですね。
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

★メニュー

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)最新のレーシック情報お届けWeb