■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの


■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。 「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。
他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。

レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。




■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:09-2-19

ご飯やパン、パスタを食べないという
炭水化物抜きの減量って、あまりよくないみたいですね。

確かに、炭水化物を摂らない減量方法は、
短期間でかなりの体重を落とすことが可能なんですが…

具体的な方法は…
7時は糖分やミルクを入れない紅茶とグレープフルーツ半分、
お昼は少量のオイルで火を通した肉や魚を少々と野菜、
23時は野菜や果物を好きなだけ…といった食事内容です。

この方法で実際に、
体重を大幅に短期間で減らしたという方もいますが、
ひと月以内でリバウンドしたという人も少なくありません。

さらに、炭水化物を一切摂らない減量方法は、
短期間集中で行うなら良いのですが、
からだが冷えやすくなり、基礎代謝が下がることから、
痩せにくいからだになるとも言われています。

炭水化物抜きの減量は、
野菜や果物で酵素は補っているのですが、
タンパク質を消化するビタミン、ミネラルが不足します。

ビタミン、ミネラルが不足し、
タンパク質が消化できないということは、
胃や腸などの消化器官に負担がかかり、胃腸が弱い方には向かないのです。

なので、
リバウンドしない減量や、
健康を損なわない減量、
美肌を保ち若々しさをキープする減量の為には、
炭水化物が不可欠なんです!

また炭水化物を食べることで、
脳からセロトニンが分泌され、満腹感も与えてくれるのです。

特に、精製していない炭水化物は良く噛まなければなりませんから、
少量でも腹が満足するので、
減量の大敵である食べ過ぎも防いでくれますよ!
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

★メニュー

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)最新のレーシック情報お届けWeb