■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの


■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。 「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。
他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。

レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。




■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:23-10-18

あたしと母親は顔がそっくり。
顔の他にも、声や話し方まで全てがそっくり。

小学生の頃、参観日のたびに
その事をクラスの男の子にからかわれて
とても嫌だった。

母親と似ていると言われるたびに、
あたしは母親に毒付いた。
やがて、参観日に母親は来なくなった。
その事を最近まで思い出す事もなかった。

月日は経って、あたしも母親になった。
とても可愛い、男の子。
顔も手足の形も、爪の形も私にそっくり。
話し始めると、声も話し方もあたしにそっくり。

「お母さんにそっくりね」
そう言われるたびにあたしは、
嬉しくて嬉しくてたまらない!
そんな男の子が今年幼稚園に入園する。

参観日…とても楽しみにしている今の自分。
ふと、母親の顔が蘇る。

「今日、お母さんに似てるって笑われた。
恥ずかしいから参観日来て欲しくない!!」
あたしは確か、
こんな事を参観日のたびに母親に言った気がする。
5年生になった時、母親は参観日に来なくなった。

あの時、母親はどんな気持ちだったんだろう。
本当は先生の問いに
元気に手を挙げているところを、もっと見て欲しかった。
帰ったら、参観日で手を挙げたあたしを
褒めてくれた優しい母親だった。

恥ずかしかったから…
ただそれだけの理由で、
母親を拒否して傷つけてしまった。

男の子は、あたしと似ている…性格も何もかも…
きっといつか言うだろう。
あたしが母に言ったひどい言葉を…

それでも、
あたしはその言葉に負けずに男の子を見に行く。
きっと男の子も、
本当の気持ちはあたしと似ているだろうから…

あたしは笑顔で参観日に行こうと思う。
そして、初めての参観日を終えたら、
母親に謝ろうと決めている。


■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

★メニュー

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)最新のレーシック情報お届けWeb