■レーシック情報:レーシックでの視力回復について

■レーシック情報:レーシックでの視力回復について



■レーシック情報:レーシックでの視力回復についてブログ:12-11-17


さまざまな単品減量がありますが、
オレは「卵減量」に
チャレンジしたことがあります。

オレが卵減量をはじめたのは、
りんご減量よりも卵の方が栄養が摂れそうだから…
という理由からでした。

卵減量は
ゆで卵や目玉焼きなどの卵料理しか食べないという
減量法です。

はじめの頃は、
すごくおいしくて続けられそうだと思ったんですが、
何日か経つと飽きてしまいました。
それでも、なんとか我慢して
1週間ほどは続けてみたんです。

しかし、
ほとんど体重が減っていないことに気がつきました。
でも、ここでやめてはもったいない!
これから効果が現れてくるのでは…と、
卵減量を続けました。

…が、とうとう卵を見るのも嫌になり、
全く卵が食べられなくなり、ほとんど断食状態になってしまったので、
この減量生活を断念しました。

結局14日間、
卵減量を続けたんですが、
なんだか急に肌がカサカサになってしまいました。

このようになってしまったのは、
おそらく油分をほとんど摂っていなかったからだと思います。

人間の肉体には、油分も脂肪分もとても必要な栄養素なのです。
それを全く摂らなかったら、
肉体のどこかに不調が現れて来るのは当然ですよね。

現在、このような減量方法を行なっている方、
これから試してみようと思っている方、絶対にやめてくださいね。
単品減量で成功することは難しいと思います。

肉体の調子を崩してしまっては、
減量どころではなくなってしまいます。
無理な減量はやめておきましょう!

■レーシック情報:レーシックでの視力回復について

■レーシック情報:レーシックでの視力回復について

★メニュー

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)最新のレーシック情報お届けWeb