■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症


■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。 実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。
視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。




■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:02-4-19

現在、様々なシェイプアップ法が注目されていますが、
食べる事をコントロールする
シェイプアップ法も数多くありますよね。

でも気をつけなければいけないのが、
極端な食べる事制限です。

絶食や極端に食べる事の量を減らしたり、
決められた一つの食品しか食べないというような
シェイプアップ法では
健康的にシェイプアップすることはできません。

当然のことながら栄養不足になり、
筋肉量も減ってしまい、
食べないのに痩せないという身体になってしまうだけです。

シェイプアップ中は健康を保つ為にも、
栄養バランスのとれた
正しい食生活を心がけることが大切なんです。

シェイプアップ中の食べる事では…
24時間3食をきちんと食べる。
24時間30品目を目標に多種類の食品をバランスよく摂取する。
カロリーのとりすぎに注意する。
腹八分目を目標に食べ過ぎないようにする。
夕方食は控えめにする。
…といったようなことを心がけましょう!

中でも難しいのが
多種類の食品をバランスよく!でしょうか。

バランスのとり方がわからないという方は
食品を赤群、黄群、緑群と3色の色に分けて、
3色の全ての食品を、日々バランスよく食べるようにしましょう。

またシェイプアップ中の食べる事では、
いつ食べたか!も大切なポイントです。

カロリーを抑えているのに
なかなかやせないという人は、
食べる時間帯と食べる事の量が適切でないかもしれません。

特に夕方食には注意が必要。
食べてすぐ寝ると身体に蓄積される脂肪の量は多くなり、
結果太りやすい状態になります。

シェイプアップ中の夕方食は軽めに、
できるだけ早い時間帯に食べるように心がけましょう。

■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

★メニュー

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)最新のレーシック情報お届けWeb