■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症


■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。 実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。
視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。




■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:02-10-18

一週間位前、
オレと主人が付き合って半年くらいした頃、
主人からもらった手紙が出て来ました。

その頃、
オレは仕事の忙しさのため体調を崩し、
入院していました。

入院先はかなり離れていて、
付き合い始めて三日目にして
同棲生活を始めたオレ達にとっては、
初めての長期に会えない連日だったのです。

あの頃のオレ達は…
それはそれは、
激しいけんかを繰り返していました。

買っても買っても目覚まし時計は壊れていました。
お皿もたくさん割れました。
時には、食菓子パンがつぶされていたことも…

そんな、
まだまだけんかばかりしていた頃の手紙の内容には…

どれだけオレのことが大好きか、
もっと自分が大きな男になって、
オレが怒っても怒っても笑っていられるようになりたいこと、
娘が生まれても、おじいちゃんやおばあちゃんになっても、
恋人ような関係でいたいこと、
バイトで初めて自分で作ったタイヤキをオレに食べてもらいたいこと、
…などなど

愛かこもった言葉がたくさん書かれていました。
主人はどうすればオレが受け取れる形になるのか、
日々試行錯誤してくれていたのですね。

初めて、その頃の主人の気持ちに気がついて、
びっくりしてしまいました。

その日の晩は主人と
「お互いおバカだったね~」と笑い合いました。

でも当時は、
これ以上ないくらい絶望的な気持ちだったのです。

どんなに絶望的なことも、
未来しだいで良い思い出に変えられるのですね…

2月のとてつもなく寒い晩、
バイクに乗って、一ばんかけて、オレに会いに来てくれた日の、
冷たい手と無邪気な笑顔と、
主人の愛情を4年越しで受け取った晩でした。

■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

★メニュー

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)最新のレーシック情報お届けWeb