■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない
視力が低下をしてしまっている方の中には、片方の目だけが低下してしまっている人も多く存在しています。
この低下してしまった片方の目だけをレーシックによって回復させることが出来るのです。 仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。
レーシックで片方だけ治療をすることに抵抗を持っている人も中にはいるかと思います。
しかし片目だけのレーシックというのはごく一般的に行われている手術方法の一つなのです。

両目の視力が同じではないというのは、決して珍しいことではなく多くいらっしゃいます。
コンタクトレンズやメガネを購入する時にも、左右で度数が異なることがあります。そんな視力をレーシックで元通りにしてしまいましょう。




■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではないブログ:13-8-18

ダイエットをしようと決めたと言うことは、
何か魂胆がありますよね。

例えば…
好きな異性を振り向かせたいとか、
可愛い服を着たいなど、
…色々な下心があると思います。

その目的を達成するために、ダイエットに取り組むわけですよね。

でも、ダイエットは短期間では完了しません。

短期間でのダイエットは、からだに大きな負荷がかかります。
健康的にダイエットするためには、
どうしても長期間じっくり取り組まねばなりません。
だから、途中で諦めてしまったりする人も出てくるんですよね。

また、最初に立てたダイエットの目標が高すぎるても、
達成することなく、挫折してしまうことが多いようです。

なので、
最初は、着実に達成できそうな小さな目標を立てて、
一歩ずつ確実にダイエットしていきましょう。

諦めずに最後までダイエットをやり遂げるためには、
マインドも大切です。

そのためには、現在の自分ではなく、
ダイエットに成功した自分をイメージすれば良いと思います。

常にダイエットに成功した後のイメージを
考えるようにするのです。

理想の体型になった自分は、どうなっているのかを考えると、
ワクワクしてきますよね。

そのワクワク感をダイエットを続けていく
モチベーションにするわけです。

さらに、自分一人では挫折しそうだと思ったら、
両親や仲間などに宣言すると良いですよ。

理想は、一緒にダイエットする仲間が身近にいることです。

でも、周囲にそんな人がいない場合は、
ダイエットのコミュニティに入ったり、
ダイエットダイアリーなどのインターネットツールを利用するのも
継続させるコツですよ!

■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

★メニュー

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)最新のレーシック情報お届けWeb