■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切


■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
レーシックの手術を実施するのは、人間ですので、どうしてもそこには失敗をしてしまうリスクがあります。
しかしレーシックの手術をした時の失敗の可能性というのは、一般的な手術と同様で高い確率のものではありません。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。
レーシックの手術では、当然眼科の専門的な知識は必要ですが、同様にレーシックの手術をどれだけ経験したかということも重要です。
実績のあるクリニックに在籍をしている医師でしたら安心してレーシックを受けることが出来るでしょう。

レーシックとは、既に欧米では10年以上の実績を持っている比較的有名な手術方法です。
日本国内におきましても非常に多くの人が受けており、国内での手術の失敗はまだ報告されていません。




■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切ブログ:11-4-19

わしには小学生のムスコがいますが、
軽いハンディがありまして、
そのために療育的な指導というのを受けています。

一週間位前、その指導でお世話になっている方と
ゆっくりお話しする機会がありました。

その時に、
「子どものことで何か困っていることはない?」と聞かれ、
思ったのが、
「学校の参観とか行くと、どうも切ない気持ちになる」
ということでした。

「どうしてそういう気持ちになるのかな?」と聞かれ

わしが答えたことは、
「子どものハンディは受け入れたつもりだけど、
やっぱり他の子どもたちと比べてしまうから切ないのかな、いや~でも…」

答えながら、
「うん?なんかしっくりこないなあ、本当のわしの気持ちはどこにある?」
という感覚になりました。
そしてわしはしばし黙って考えました。

それからわしは、涙の予感を感じ、
ハンカチをカバンから取り出し、目に当て…

「う~ん、なんかわしが小学生の時、教室ですごい孤独で…
教室にいる時、わしは本当に孤立無援な感覚でいつもいたんだなって、
今、気がつきました…」
と、話している自分がいました。

だから、机の並んだ教室を見ると、
どこからともなく切ない気持ちが湧きあがってきた…
ということのようです。

孤独で、寂しくて、誰からも助けてもらえないと思い込んでいる
小学生のわしの気持ちが、
「つらいよ~、わしの気持ちに気付いてよ~」と、
心の中から訴えてきていた…ようです。

誰にも助けてもらえないと思い込んでいたわしは、
誰にも助けを求めず、結果、周りからは
「しっかりしていて、助けのいらない子ども」に見えていたらしく、
逆に頼られてしまうという、ちょっとキツイ状況が生まれたのかな…
と思います。

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

★メニュー

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)最新のレーシック情報お届けWeb