■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療

■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療



■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療ブログ:14-11-17


生身の人間ですから、
心も身体も元気な時もあれば、
すごく疲れていたり…と、誰にでも波があると思います。

そこで、すごく疲れているときでも、
減量のために
「トレーニングをサボるわけにはいかない!」と
頑張りすぎてしまうという方も少なくないのでは?

でも、すごく疲れている状態だと、
自律神経や内分泌系の働きが鈍くなっていたり、
身体を作る成長ホルモンの分泌量も
だいぶ少なくなっているみたいなんです。

身体そのものが、オーバーヒート寸前なんですね!

ここで無理にトレーニングをしてしまうと、
数日間にわたって、減量の成果を鈍くさせることもあるのです。
それは、身体にもっと負担を与えてしまうからです。

すごく疲れている時にトレーニングしても、
いくら頑張っても、体脂肪の減り方が悪かったり、
身体が腫れて、逆に体重が増えたり…
これが2日も三日も続いたりすることがあったりします。

減量のためにと思って頑張ったのに、
こんなしっぺ返しは本当に嫌になりますよね。

やっぱり、身体が元気だから、脂肪を燃やす力が増すわけで、
身体そのものがオーバーヒート寸前では、
結果が見えているようなものです。

ですから、すごく疲れている時は、リラックスを基本に、
好きなDVDを見たり、栄養をタップリ摂るのはもちろんのこと、
ご褒美程度に少しだけおやつをつまんで、
早く寝ることが一番!

こういうときの薬は、
心にも身体にも、「潤いを与える」ことだと思うんですよね。

身体が元気になれば、痩せる力もアップするはずなんです!

俺は、こういったこまめなケアが、
減量を早めることにつながる…と、思っています。

「身体を思いやる減量」で頑張りましょう!



■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療

■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療

★メニュー

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)最新のレーシック情報お届けWeb