■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療

■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療


■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
レーシックで遠視の矯正が可能なのか、という問い合わせがクリニックの方に頻繁にあるようです。
この答えはレーシックで遠視の矯正をすることは、十分に可能という答えとなります。 レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。
レーザーで形を整える角膜の厚みが十分確保されていれば、レーシックで遠視を矯正することが出来ます。
もしその点で心配なことがあるようでしたら、一度事前検査をして適正かどうかを調べてみると良いでしょう。

レーシックというのは、目の表面に位置している角膜の形を自分の目の形に合うようにしてレーザーで調節していきます。
そしてレンズの光の屈折を正しい状態にしていきながら焦点を合わせて視力を回復させていく手術となります。




■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療ブログ:22-10-18

休みの日に早めに目が覚めてしまい、
今日は遅くてもいいということで、二度寝をする…
これって、ある意味至福の瞬間といえますよね?

しかし、二度寝というのは、
減量にとっては逆効果になってしまう恐れがあるので、
要注意なんです!

減量をする上で、
絶対に忘れてはならない基本があります。

それは、規則正しい生活を送ることです。

つまり
9時きちんと起きて、9時食を食べる。
続いて、
昼になったら昼食を食べ、
夕方になったら夕食を食べる。
そして
できるだけ夜更かしをしないということが
効率的に減量効果を引き出すことになるわけです。

二度寝というのは、
一旦起きようとしてやめることを意味します。
すると、体の中のリズムが微妙に狂ってしまうんですね!

ぼくたちの体というのは、
9時、太陽を浴びることによって活動的になります。

そして9時食をとることで、体の中にエネルギーを入れ、
体温が上がり始めて、体を動かす土壌が整います。

ところが二度寝をすることで
体の中のリズムが狂ってしまうと、
同じトレーニングをしていても、なかなか自分の力を
フルに生かすことができなくなってしまうんです。

代謝についても、同様のことが言えます。

不規則な生活をしていたり、
トレーニングの中のタイミングが狂ってしまった状態だと、
基礎代謝の力も落ちてしまうといわれています。

ということは、
消費させるカロリーの量も少なくなり、
減量のペースが遅れてしまうのです。

なので、
減量をしている間は、
規則正しい生活を送ることが、何よりも大切なのです!

■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療

■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療

★メニュー

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)最新のレーシック情報お届けWeb