■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

視力が低下をしてしまっている方の中には、片方の目だけが低下してしまっている人も多く存在しています。
この低下してしまった片方の目だけをレーシックによって回復させることが出来るのです。 仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。
レーシックで片方だけ治療をすることに抵抗を持っている人も中にはいるかと思います。
しかし片目だけのレーシックというのはごく一般的に行われている手術方法の一つなのです。

 

両目の視力が同じではないというのは、決して珍しいことではなく多くいらっしゃいます。
コンタクトレンズやメガネを購入する時にも、左右で度数が異なることがあります。そんな視力をレーシックで元通りにしてしまいましょう。



■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではないブログ:12-3-19

ぐっどいぶにーん♪

昨日渋谷で友達と久々に会って、遅くまで飲んでたから
今日はかなり眠かったです。

仕事中に寝ちゃいそうだったけど、何とか真夜中まで
仕事してきましたよ。

昨日会った友達、パパさんに勧められてダイエットをしてる
そうです。

扁鵲を飲んで、肩凝り体操。

でも、7KGとかなかなか痩せずらいので、なんと!
アブロケットをプレゼントされたらしいww

オヤツにはみかん寒天が出てきたりするから、
たまに外食するのが嬉しくて仕方ないらしい。

ポテトチップスうすしお味をガッツリ食べれるのは幸せなことだよ〜って
しみじみと言われて、笑っちゃったww


真夜中に帰ってアブロケットって・・・
疲れて帰ったら、つらいよねー。

周りが熱くて、どうする!?って感じだけど、頑張らないと来年の
スロバキア旅行がかかってるらしい。

そいえば、旅行に行くたびに太るって言ってたから、痩せてから
行くのかってカンジだけど。

生活習慣病を心配されているということは、ある意味幸せなこと
かもしれないよね。

節約のために、満足にご飯が食べれないとかじゃ可哀想だけど。

しあさっての休みにゆっくりしようと思っても、
させてもらえないって嘆いてたけどねw


まー、楽しく映画館とか行けば、歩くし、リフレッシュに
なるから良いんじゃない?って話はしてたけど。

体のことを気遣ってくれるんだからねー。

言うこと聞かなくて、後で病気になったり、大変な思いをするのは
自分かもしれないし、健康が一番♪だよね。