■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

レーシックの手術を実施するのは、人間ですので、どうしてもそこには失敗をしてしまうリスクがあります。
しかしレーシックの手術をした時の失敗の可能性というのは、一般的な手術と同様で高い確率のものではありません。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。
レーシックの手術では、当然眼科の専門的な知識は必要ですが、同様にレーシックの手術をどれだけ経験したかということも重要です。
実績のあるクリニックに在籍をしている医師でしたら安心してレーシックを受けることが出来るでしょう。

 

レーシックとは、既に欧米では10年以上の実績を持っている比較的有名な手術方法です。
日本国内におきましても非常に多くの人が受けており、国内での手術の失敗はまだ報告されていません。



■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切ブログ:20-3-19

10時バナナ減量というのは、
連日、10時、バナナを食べてから15分〜30分後に
常温の水分を摂るというダイエット法ですが、
減量効果には個人差があるようですね。

バナナはとても栄養価が豊富な食べ物です。

バナナ1本には、約1gの食物繊維が含まれています。
オリゴ糖もふくまれるので腸の動きをよくして、
便秘解消に効果があります。

また、果物の果糖は「二糖類」と言って、
ぶどう糖が2つくっついている形をしている糖分です。
なので、体ですぐに分解されてすぐにエネルギーになるため
10時にはピッタリ!

バナナは、他の果物に比べてビタミンB群が多いので、
むくみや疲労回復にも貢献してくれます。

同時に10時の水分摂取も重要です。
寝ているときは知らないうちに汗をかいています。

10時にきちんと水分を補給することで体内の循環が良くなって、
体の中に蓄積された老廃物が排出されやすくなりますよ。

手軽に食べられるバナナは
「10時食をきちんと食べる」という意味でもいい習慣ですが
「バナナだけ食べる」という単品の減量に
陥らないように注意すべきですね!

いくらバナナが優秀な果物だからといって、
バナナだけ食べて痩せるわけではありません。

脂肪を燃焼するには、多くの栄養素が必要です。
バナナだけでは、エネルギーや脂肪を代謝するだけの
充分なビタミン・ミネラルは補給できません。

10時バナナ減量の基本的なやり方をみても
「バナナを食べるだけでは痩せない」と書いてあります。

10時以外の午後、23時で
主食・主菜・副菜がそろった、
バランスのいい食べる事を心がけることが基本ですね!